合宿の方が安いのはなぜ?

それでは、なぜ通常プランより合宿免許プランの方が安く済ませられるのでしょうか。その理由は自動車学校の運営方法にあります。通常プランの利点はなんと言ってもその自由度の高さにあり、利用者は私生活に支障を来さないように好きな時間に授業を受けることが可能になっています。

しかしこの自由度の高さは、逆に利用者を費用面にて苦しめることになります。自動車学校側からすると、仮に受講者が少なかったとしても授業を開講する必要があり、すると効率も悪くなってしまい、コストが高まってしまいます。

一方で合宿プランはというと、大勢の人数を一度に募集し、生徒全員がほとんど同じスケジュールで授業を受けることになるため、自動車学校側としても効率の良い営業ができ、価格についてもムダなコストがカットされて安さが実現されているというわけです。

また、季節の問題も合宿プランの価格の安さに影響を及ぼしています。比較的人が集まりやすい夏休みや春休みといったシーズンは価格も高騰しやすいという特徴がありますが、合宿プランの場合には、こういったシーズンから少し外れていることがあり、この点についても安さにつながっていると言えます。地方の自動車学校になると、シーズン中でも合宿プランが提供されていることもありますので、長期休暇に合わせて自動車学校へと通う合宿プランが選ばれているというわけです。

合宿制度の利用で早く、安く!

まずは合宿免許の価格と通常プランの価格にどの程度の差があるのかについて見ていきましょう。通常プランで運転免許を取得する場合、相場はだいたい28万円から30万円になっています。AT限定の免許かMT免許かによっても価格は異なり、一般的にMTの方がATよりも高くついてしまうことは覚えておくようにしましょう。

また、相場になる価格はあくまで目安であることは忘れないようにしてください。地域によってはこれより高いところもありますし、もっと安く免許を取得できるところもあります。地域ごとで物価が若干異なるのと同じように、免許の取得費用も異なるということです。

これに対して合宿制度を利用した場合は、だいたい20万円前後の費用に抑えることが可能です。高くても25万円程度、安さを追求するならば18万程度で済むプランも用意されています。見ての通り、その差は歴然としており、通常プランか合宿プランかの違いによって、およそ10万円もの差があるのです。

また、素早く免許を取得できる点も合宿プランの魅力となっています。たった2週間、勉強漬けの毎日を送るだけで運転免許を取得できてしまうというスケジュールは、大変かもしれませんが、長期休暇の使い道としては充実しているといえるでしょう。

運転免許は安くない!

社会人になると仕事、仕事でなかなか勉強の時間を作れないため、資格は学生の内に取得しておくという流れが一般的です。特に自動車の運転免許は独学だけでクリアできる資格ではなく、自動車学校へと通って教習を受ける必要があり、時間に融通が利くことが最低条件として必要となります。

そのため、高校在学中やあるいは大学や専門学校へと進学してから、長期休暇を利用して取得するケースが多いです。しかし、学生ならではの悩みもあるというもの。それは、お金が足りないという悩みです。運転免許はそれほど安いものではありません。普通に取得しようと思っても、近場の自動車学校を調べてみると30万円前後の金額が提示されることになります。高くて簡単には手が出せないというのが現実でしょう。

そのような方におすすめなのが、自動車学校の合宿制度です。合宿免許の利点はなんと言ってもスピードと価格で、費用面だけを言うならば、通常のプランで自動車学校へ通うよりもはるかに安い価格になっています。

更に通常ならば最低でも1カ月はかかる取得期間についても、2週間という早さで運転免許の取得が可能なため、大事な長期休暇を全て費やす必要が無いのも魅力です。普通に取得すると高くついてしまう運転免許、ぜひ合宿制度を利用してみてください。当サイトでは合宿免許の費用がどの程度なのか、通常プランと比較してどの程度安くなっているのか、またその安さの秘密と合宿免許の魅力についてご紹介していきます。